保険選びのポイント~保険に何を求めるか~

ここ

保険選びのポイントはライフテージや家族構成によって大きく異なります。具体的にはどういったポイントに着目してその判断を行えばいいのでしょうか。


保険のプロに相談する前に、自分の中で整理することによって、より自分に適した保険の提案を受けることが可能になります。では、保険選びのポイントについて代表的な保険である生命保険、医療保険、損害保険を例にとってご説明していきます。


生命保険を選ぶ際のポイントは主にどんな時に何が必要かといった観点から「目的の生命保険」をきめること、そして「月払保険料の価格及びいつまで払うのか」、ある期間までなのか終身なのかという「保障期間」、万が一の際に「保障額はいくら戻ってくるのか」といった点となります。


具体的には、死亡に備えて家族の生活費を心配する方であれば、子供が成人するまでの一定期間のみ保障を厚くしたい場合、満期が決まっており比較的保険料も安価である”定期保険”を選択することが一般的です。


医療保険の場合は、入院した際に一日いくら必要になるかを考えて「入院給付金日額」を考慮しましょう。


そして、保障がいつまで必要かといった「保険期間」、保険料の払込を終了させたいタイミングである「保険料払込期間」、一回の入院における給付の限界数である「1入院の限度日数」がポイントとなります。


こういったポイントについてシミュレート可能なサイトもありますので、一回お試しになっては如何でしょうか。


損害保険、ここでは自動車保険の場合でお話します。自動車保険の場合、掛け捨ての保険となりますので「保険料が割安」であることは第一のポイントとなるでしょう。


補償内容や運転可能な人の限定によって保険料を安くしましょう。次に「事故対応」を選択のポイントとしましょう。サービス拠点の数や近さなどを調べることも大事ですし、事故時の示談交渉について助言をしてくれるといった点は欠かせません。


そして「ロードサービス」の内容が充実していることが重要です。トラブル対応やレッカー移動のサービス、宿泊費や移動費のサポートなどがポイントとなってきます。最後に「通販型か代理店型か」という判断を行いましょう。


対面式で同じ人に対応して欲しい人は代理店型、コストを抑えて補償もしっかりという方は通販型が良いでしょう。代理店保険手数料が保険料に反映されないため、通販型は自分で理解を深めながら決めることができる方に向いていると言えるでしょう。


以上、保険選びのポイントについてご紹介しました。お店で相談する際に有利な情報だけで話を展開されないためには、事前に抑えるべきポイントを頭に入れておくことが重要です。是非、これらのポイントを頭に入れて今後の保険選びに活かしてください。


サブコンテンツ

保険相談ショップランキング


このページの先頭へ