生命保険の見直し方~解約か加入か~

ここ

生命保険の見直し方には、現在の契約を解約して新たな保険に加入し直すという方法だけではなく、他にも色々な方法があります。その中から上手く組み合わせて選ぶことが大切です。


見直しにあたってまず行うべきことは、家族全員について加入中の保険を洗い出すことです。どの契約をどのような方法で見直すべきか、自分で判断するにせよ専門家に相談するにせよ、まずは現状を把握してください。では、一般的にどのような見直し方があるかご紹介していきます。


まず、「保険料を安く抑えたい、もしくは保障を減らしたい」場合です。この場合には「解約→新規契約加入」既存の契約を解約して、保険料の安い保険に加入し直す方法、「特約解約」現在の契約のうち不要な部分を一部解除するという方法、または保障を減らしても良いと考えている場合は保険料とともに「減額」する方法が考えられます。


次に、「保障を増やしたい」場合です。「新契約の追加加入」現在の契約を解約せずに、新しい契約に加入して保障を増やす方法、「特約中途付加」現在の契約に、特約を中途で付加させることで保障を増やす方法、「解約→新契約加入」現在の契約を解約し保障の充実した保険に加入し直す方法、「契約転換制度」現在契約している保険契約の責任準備金や積立配当金を、転換価格として充当し、同じ保険会社の新しい商品に加入する方法があります。


なお最後の契約転換制度に関しては利用できる場合が限られていることや、将来の受取額への影響(減額される場合がある)について注意してください。


最後に、「保険料の支払いを辞めたい」場合です。シンプルに「解約」する方法、「払済保険」支払いを中止し、同じ保障期間で保障を小さくする方法(予定利率が高い時期に加入していた人にとっては解約後に新規加入するよりお得になる場合が多いです。)、「延長保険」支払いを中止し、同じ保障額で保険期間を短くする方法(現在加入中の死亡保険の解約返戻金を一時払いの保険料に充当し、既存契約と同じ死亡保障額の定期保険に変更する方法)があります。


いずれの場合も、慎重な検討が必要となりますので、事前知識としてこれらの方法を頭に入れた上で専門家に相談しましょう。


サブコンテンツ

保険相談ショップランキング


このページの先頭へ