生命保険とは何か~助け合いの精神で経済的リスクに備えよう~

ここ

生命保険とは「ある人が傷病で、死亡・入院などがあった場合にそれにかかわる損失を保障する」という役割を持っています。


契約を行い、一定の保険料を支払う代わりに、死亡などの所定の条件を満たした場合に保険金が下りるという仕組みになっています。


この裏では、無事に人生を過ごした方の保険料が、働かなければならない状況の人間の不幸(病気や怪我による入院や死亡)に対して支払われるという、一種の相互扶助の精神があります。大勢の人が公平に保険料を支払い、万が一の場合に給付を受けるのです。


日常生活のレベルで言えば、生命保険はいわゆる「リスクファイナンス」と表されるでしょう。つまり、万が一の際に経済的な損失に備えることです。


身体上の傷病によって自分もしくは親族の生活が困難になったときに、まとまった給付金を受け取ることが可能となっています。


この仕組みがあるおかげで、家計を支える大黒柱が亡くなった際でも家族の生活が経済的に保障されることになります。よく「貯蓄は三角、生命保険は四角」という表現がなされます。


契約から満期までの時間の流れを横軸に取り、死亡した際の受取金額を縦軸に取った場合、貯蓄は契約時点からその時点までに貯めていた金額ですが、生命保険の場合は払い込んだ保険料に関わらず、契約で決まった保障額を受け取ることが可能です。そういった意味で、生命保険は万人向けのリスク対策と言えるでしょう。


主な生命保険には、”終身保険”や”定期保険”があります。これらの保険は上記でも述べたように、「万一亡くなった場合に遺された家族の生活費などをまかなう」という趣旨のものです。


保険金額を決めて契約し、例えば「死亡保険金5,000万円」で保険契約を結んだ場合、被保険者が亡くなった時には受取人には必ず5,000万円が支払われることになります。両者の違いとしては保険期間が「一生継続」か「限定されているか」という点にあります。


加入時の保険料は比較的、定期保険の方が割安であると言われていますが、定期保険では保険の更新に伴って、更新料の値上げや更新の年齢制限などのデメリットも存在します。一般的には終身保険の方に人気があるようです。 自己や家族の生活を考え、一度は生命保険の加入を検討することをお勧めします。


サブコンテンツ

保険相談ショップランキング


このページの先頭へ