FP3=ファイナンシャルプランナーの登竜門~貴方も挑戦してみては?~

ここ

「FP3」とは”ファイナンシャル・プランニング技能検定3級”のことです。ファイナンシャルプランナーと言えば、あなたが実際に保険を契約する際に、相談に乗ってくれる資金計画のプロというイメージが強いことでしょう。


実際、資産の設計やそれらに係わる相談業務に従事している方を対象に、専門的な知識・能力を客観的に測るべく設けられた国家資格が”ファイナンシャル・プランニング技能検定”であり、難易度としては最も難しい1級から3級まであります。


注目すべきは、3級の受験資格が「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっており、実質誰でも受験可能となっている点です。


1級と2級の受験資格にはFP業務に関する数年以上の実務経験が求められていますので、プロのファイナンシャルプランナー向けの本格的な試験と言え、われわれのような消費者にはあまり関係のない話です。


しかしファイナンシャルプランナーの知識は人の相談に乗るためだけでなく自分自身の生活にも大いに活かすことのできる実用的な知識であると言えます。


保険加入のためにライフプランニングや資産運用、相続などについて調べることで、それらの知識に興味がわいた方は「FP3」の取得を志してみてはいかがでしょうか。保険商品の選別にもきっとその知識が活きてくることでしょう。


FP3を受験するにあたっては「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の範囲から学科試験としてマークシートの試験を行います。


そして実技試験として、事例形式の筆記試験が上記の範囲から出題されます。公式ホームページによれば、実技試験の審査内容は「ファイナンシャル・プランニング業務に必要とされる倫理観と関連業法との関係を正しく理解したうえで相談に対する回答が行えること」、「保険・個人顧客の属性、加入している保険商品、保有金融資産等に関する具体的な設例に基づき、ライフプラン策定、保険商品の活用、相続・贈与、所得税等に関する相談における問題点を把握できること」、「問題解決にあたって必要とされる知識に基づいて、顧客の立場に立って相談に答えられること」となっています。自分や家族を守るためにもFP3の資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。


サブコンテンツ

保険相談ショップランキング


このページの先頭へ