来店型保険ショップのメリット

ここ

保険の乗り換えを検討する場合、身近な保険ショップが頭に浮かぶ方も多いでしょう。その場合、気になるのはどこで相談にのってもらうかです。


ショップに足を運んだほうがいいのか、あるいは家に来てもらうのがいいのか、どちらがいいのでしょうか?無料相談を実施している保険ショップは、一般的に訪問型と来店型に分かれています。ここでは来店型の保険ショップについて詳しく説明します。


来店型の保険ショップの多くは、大きな駅の駅ビルや大型ショッピングセンターにテナントとして入っています。大抵の場合、店内はカウンター席がいくつか並んでいるスタイルをとっています。


保険を扱う場所というと、なんとなく堅苦しいイメージがありますが、店内は家族連れでも入りやすいような工夫がされています。小さい子供用のおもちゃを置いたキッズコーナーを設けるショップも増えてきています。


小さい子連れで相談をしなければならない場合には、大変嬉しいサービスです。保険の加入や乗り換えは家族が増えた節目に検討するケースが多いので、保険ショップ側も配慮していることがうかがわれます。


保険ショップの接客方法は、基本的に予約制となっています。予約なしで訪れても対応してくれることもありますが、予約した人が優先されます。


また病院のように、隣のブースの会話が聞こえないような配慮がされている所は残念ながら、あまりありません。


知り合いにばったり会ってしまったり、隣の人がやかましくて集中できないといった可能性も否定できないのが、来店型のデメリットと言えるでしょう。


一方、周りの目が気になるというデメリットがある反面、保険ショップの相談員といえども他人を家に上げるのは気が引ける、来客のために家の中をキレイに片付けたり、お茶出しをどうすべきかをあれこれ悩む必要がないというメリット感もあります。


このほか、大型ショッピングセンターに入居している保険ショップを利用する場合は、妻や子供が他でショッピングを楽しんでいる間に、夫がゆっくり検討するといった使い方もあるようです。

サブコンテンツ

保険相談ショップランキング


このページの先頭へ