FPは独立開業に近い資格

ここ

ただ資格を持っていれば生きていけるような時代ではなくなっています。 資格を持っていることを前提にして、それに基づいた知恵を発揮し、実力を持っていなければ生き残っていけないわけです。


そのように考えますと、資格試験にチャレンジすること自体は素晴らしいことですが、その先にしっかりとしたビジョンがあるでしょうか。 資格の中には、それを取得したところで就職や再就職に有利とはならず、何かの足し程度で判断されるものもあります。


だからこそ、生涯にわたってスキルアップを図っていきながらいかすことができるような資格にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。 資格を取る目的の中に、将来的に独立開業するという目標が含まれている場合は、それに向けて具体的なビジョンを敷かなければなりません。


では、どのような資格は独立開業に有利となるでしょうか。 いま注目されているのはファイナンシャルプランナーです。 ファイナンシャルプランナーは、独立開業をしやすいと言えますが、その理由としては活躍の場が幅広く用意されているからです。


相談業務を専門に行う独立系ファイナンシャルプランナーもいれば、講師としてセミナーなどを開催して、あるいは招かれることによって生計を立てることのできるファイナンシャルプランナーもいます。


あるいは、雑誌などのコラムを執筆、本の出版によって収入を得ることも可能です。 実力によって高収入が期待できるというよりも、どのような場面で活躍することができるかを模索して、ライバルたちに打ち勝ちながら仕事を取る能力も求められます。


ある分野に特化した専門家として活躍することを希望する場合には、ファイナンシャルプランナーの資格に加えて、もう一つなにかを組み合わせることが理想的です。


その中には、宅地建物取引主任者の資格や、社労士などの資格が含まれます。 そうすることによって、これまでにも増して自分自身を希望してやって来る顧客の獲得に有利となります。


資格の取得に関しては、専門的な知識が要求されるためにそれほど簡単ではありませんが、有利な点としては、お金に関係したテーマを扱うだけに、わたしたちの生活でイメージがしやすいともいえるので勉強しやすく、しかも学んだことをそのまま家計にいかすこともできるわけです。


ですから、何の専門知識を持っていないからということであきらめる必要はありません。 ただし、単なる資格試験突破を最終目標とするのではなく、その先を目指すのであれば、明確なイメージをもって勉強を進めていくことによって、資格を有効に用いながら生計を立てていくことが可能になります。


サブコンテンツ

保険相談ショップランキング


このページの先頭へ