イメージ画像

FPに新生活にあたり
上手く相談するには

FPへ相談するときの流れ

新生活に合わせて、FPと一緒に己のライフプランをもう一度練りなおしてみてください。そうすることで、怪我や病気などふいに起こるリスクへも十分に対応できるようになるため、安心して日々を送ることができます。


では、FPへ相談する流れとはどういうものでしょうか。


1.自分に合ったFPを探す

ホームページや仲介サイト、人の繋がりなどを使って、まずは相談するFPを決めましょう。相談内容が得意かどうかや相談料などを目安にするといいでしょう。


2.FPに申し込みをする。

いいなと思うFPが見つかったら相談の申し込みをします。電話かメールで行うのが一般的です。何を相談したいのかはっきり告げ、面会する日程を決めます。


会うときにはなにが必要なのかなど、わからないことはこの時点でしっかり尋ねてください。


3.必要なものを準備

申し込みのときに言われた、必要なものを準備しましょう。相談したい内容によって、持参するものは変わってきます。そのため、しっかり事前に聞いておきましょう。


家計簿や源泉徴収表、確定申告書、年金定期便などが必要になります。


4.面談

面談する場所は、FPによってさまざまです。FP事務所にこちらからおもむくこともありますし、あなたの希望の場所で行うこともあります。 事務所以外で行うときは、あなたの自宅、仕事先、ファミレスなどで行うことが多いようです。


どのような相談でも、まずは持参した資料や聞き取りから、あなたのライフプランを作成します。それを元に、相談にそった改善案などをアドバイスしてもらいます。


内容によって、初回の相談だけで解決することも、何度かくり返し会わなくてはならないこともあります。


面倒ですが、FPと相談するには、ライフプランはなくてはならないものです。逆にいうと、きちんとしたライフプランも立てずにアドバイスをしてくるFPは信用なりません。


きちんとしたライフプランを製作するため、あなたも今後どのような未来を希望しているのかなど、事前にきっちり決めておきましょう。


いかがでしたか。増えてきたとはいえ、まだFPへの相談はなじみの薄いものです。どんな流れか事前にチェックし、心の準備をして、いざFPに相談をするときは慌てないようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ