イメージ画像

FPに新生活にあたり
上手く相談するには

FP相談の落とし穴 ~保険の場合~

新生活にともない、FPに保険を相談してみようと思っている皆さん。いざ相談しようと思っても、どのFPに相談するべきか迷ってしまいますよね。


どうせなら、きちんと自分の利益を最優先にしてプランを練ってくれるFPがいいです。しかし、そこには落とし穴があるので、気をつけてください。


保険相談所は中立なのか

最近、あちこちで「さまざまな保険会社の中から、あなたにぴったりの保険をおすすめします」をうたい文句にした店を見かけますよね。 そういう店にはFPの資格をもった人がいることも多いです。


また、そのような店にいるFPに相談しても、無料であることがほとんどです。そのため、利用者が増え、保険の無料相談所は全国にどんどん増えています。


しかし、ちょっと待ってください。たくさんの会社の保険を扱っているのなら、どこかに偏らず、きちんと自分にあった保険を勧めてくれるだろうと考えていませんか?


ところが蓋を開けてみると、じつはそういった相談所にいる窓口の人間は、保険代理店の社員であることがほとんどです。そのため、口ではこれがあなたにぴったりのプランだと言いながら、じつは代理店が儲かる利益率が高い商品をすすめていることが多いのです。


そのため、安易に信じて勧められるまま保険に入ると、損をしてしまうこともあるので気をつけてください。


こんなFPには注意

保険は人生の転換期に見直すことが大切です。そのため、その人のライフプランをしっかり考慮して保険を選ばなくてはなりません。


そのため、あまりこちらの現在の状態や詳しい人生設計を聞いていない段階で、保険を勧めてくるFPには注意が必要です。すでに勧めたい保険が決まっていて、客の利益など考えていない可能性があります。


また、さまざまな会社の商品から選ぶとうたっているのに、同じ会社・商品ばかり勧めてくるFPも、販売すると利益率の高いものだから勧めていることが多いです。


損をしたくないなら有料のFPへ

このように、無料相談でFPに相談する場合は、大きなリスクがともなうことを頭の中に入れておいてください。保険は毎月払うものです。そのため、保険費用を合計してみるとかなりの高額になります。


無料相談という言葉にひかれて、そこで安易に契約してしまうと、じつはとんでもない額の損をしていたということもあるのです。そんな事態を避けるためには、企業となんのしがらみもない有料の独立系FPに相談することが一番ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ