イメージ画像

FPに新生活にあたり
上手く相談するには

なぜ保険を見直さなくてはならないのか

新生活をはじめるなら、FPに相談したほうがいい項目の中に、保険の見直しがあります。では、なぜその必要があるのでしょうか。


生活が変わると適した保険も変わる

保険は就職や結婚など、人生の転換期になったら見直したほうがいいと言われています。なぜなら、生活が大きく変わると、その人にあった保険も変わるからです。


独身の男性と、妻がいる男性、子供が一人いる男性、子供が二人いる男性、すべて適した保険は異なるのです。また、収入に変化があった場合なども、適する保険は変わってきます。


収入に見合わないほど高額な保険では、いくら手厚い保障がついていても、生活が苦しくなってしまいますよね。そして、収入に余裕があるなら、入っておいたほうがいい保険もあります。


そのため、生活がこれまでと大きく変わったときは保険の見直しをしたほうがいいのです。


自分だけで理解するには難解な保険

保険を見直さなくてはならない理由はわかりました。しかし保険には、生命保険、医療保険、学資保険、個人年金保険などさまざまな種類があります。


また、生命保険ひとつ取ってみても、本当にいろんなプランやオプションがあるのです。そのため、見直して新たな保険に入りなおすにしても、素人ではどれを選んでいいか混乱してしまいます。


FPに保険を相談する理由

では、なぜFPに保険の乗り換えの相談をするかというと、今入っている保険会社にいわれるがまま乗り換えてしまうと、損をすることがあるからです。


保険会社の外交員は成績が上がれば給与に反映するため、中には本来なら必要がないオプションも勧めてくる人がいます。また、特定の一社の商品だけでなく、何社かのプランを組み合わせたほうがより自分にぴったり合った保険になりやすいのです。


そのため、外から公平な目でぴったりのプランを勧められるFPに相談したほうが、過不足のない保険に入ることができます。以上の理由から、新生活をはじめるならぜひ保険の見直しを行ってください。


そして、最適な保険に入りたいなら、FPを利用することをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ