イメージ画像

FPに新生活にあたり
上手く相談するには

FPはどんなことをしてくれるのか

新生活には不安がつきものです。とくに家族を持っている人の場合は、そのぶん不測の事態や急な出費が多くなります。子供がいるなら、教育費のことも考えなくてはいけません。


そこで、十年後、二十年後はどうなっているのかきちんと計画を立て、それにそって家計をやりくりしたほうが、破綻することなく生活を続けることができるのです。


そういったときに心強いのが、生活とお金の専門家であるFPです。では、はたしてFPはどんなことの相談にのってくれるのでしょうか。今回は、FPがしてくれる内容についてまとめてみました。


総合的なライフプランを立てる

ライフプランとは、人生設計のことです。人生にはさまざまなイベントがあります。就職、結婚、子育て、退職etc・・・。


もちろん生きていれば、病気や怪我、介護など、おもわぬ落とし穴もあります。そして、それらにはどれも大きな費用がかかるのです。そのため、すべてを想定し、事前にお金の準備を計画するのがライフプランです。


住宅ローンのアドバイス

人生でもっとも大きな買い物といえば、住宅ではないでしょうか。そのため、住宅ローンを組むには慎重にならなければいけません。そういうときにFPに相談すると、ライフプランを元に、もっとも適した住宅ローンや返済プランを教えてもらえます。


保険のアドバイス

保険はまったく入っていなくても、入りすぎても、リスクが増します。さらに保険は本当にさまざまなプランがあるため、自分にはどれが合うのかよくわからないという人も多いはずです。


FPは、家計や家族構成、ライフプランなどを元に、その人にあった保険を勧めてくれます。


資産運用

資産を持っていても、自分だけで上手に運用するには相当な勉強が必要になります。例えば、資産を運用するには常にリスクがつきまといます。そのため、運用するにはまずどれくらいのリスクを取るかなどを考えなくてはならないのです。


それによって、国債、株式、不動産投資など、運用の仕方が変わってきます。そこでFPは、ライフプランなどを参考にしつつ、その人に合った運用方法を提案してくれるのです。


節税、相続に関するアドバイス

資産や収入を見て、より支払う税金を少なくするためのアドバイスをしてくれます。ただし、これらもFPの業務の内ですが、詳しいアドバイスは弁護士や税理士の資格を持っている人間にしか許されていません。


大きな事務所になると、弁護士資格や税理士資格を持ったFPがいることもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ