イメージ画像

FPに新生活にあたり
上手く相談するには

FPの種類と選び方

新生活にともない、FPにライフプランを立ててもらおうかと考えている皆さん。じつはFPには種類があるって知っていましたか。近年FPは世間から注目されるようになり、さまざまな場所で活躍しています。


そのため、まずはFPにはどのような種類があり、どう選んだらいいか知っておきましょう。


FPの種類

FPはどこに就職するかによって二つの種類に分けられます。一つは独立系FPです。これは、企業や他の事務所で経験を積んだFPがフリーとなって独立し、自分の事務所をもったものです。


中には独立した会計士や行政書士などが、仕事にいかすためにFPの資格を持っている場合もあります。独立系のFPは、お客から支払われる相談料などが主な収入源となります。


もう一つは、企業系FPです。こちらは証券会社や生命保険会社、不動産会社など、企業に就職したFPです。そのため、FPの仕事以外にも、相談にのりながら販売を行うことが多いです。


ほとんどの場合は、無料で相談にのり、会社から給料を受け取ることで収入を得ています。


独立系と企業系の違い

さて、独立系と企業系ですが、相談するならどちらのほうがいいのでしょうか。一般の人からすると、独立系の事務所は敷居が高く感じるでしょう。そのため、名前を聞いたことがあるような大手の企業にいるFPに相談しようと思うかもしれません。


でも、ちょっと待ってください。独立系FPはお客から直接お金をもらっているため、相談者にとって一番いいプランを教えてくれます。


しかし、企業系FPの場合は会社から給料をもらっているのですから、どんなに優れた商品でも、勤めている会社に利益が出ないものなら勧めてこないのです。


FPは顧客の利益を最優先にすると定められていますが、企業系FPでは完全に守られていないのが現状です。このように、なんの縛りもなく有益な情報を教えてくれるFPに相談したいなら、独立系の門を叩いたほうがいいでしょう。


いま使っている会社を変えるつもりはないけれど、保険の内容をもう一度見直したいなどのときには、その会社の企業系FPに頼るといいです。特徴を理解した上で、FPをうまく使い分けてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ