イメージ画像

FPに新生活にあたり
上手く相談するには

FP(ファイナンシャルプランナー)とはどんな仕事なのか

最近、FPという言葉をあちこちで耳にします。でも、具体的にはどんなことをしてくれる人か、きちんと理解していますか?


認知されだしたのがここ最近ということもあり、名前は聞いたことがあるけれど、どんなことをする人なのかわかっていない人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、FPとはどのような仕事なのかご紹介いたします。


お金問題のエキスパート

人が生きていくには、お金が欠かせません。衣食住、税金、教育などすべてにおいてお金が必要となります。そのため、いかに稼いだり増やすか、どこでどう使うか、目的のためにはいくら貯蓄が必要かなど、お金にまつわる悩みは多いのです。


そんな悩みに、豊富な知識や経験をもちいてアドバイスをするのが、FPの仕事となります。そのためFPが持ってる知識は保険、相続、税金、投資、など多岐にわたります。


FPはいろんな場所にいる

お金にまつわる知識が必要な仕事はたくさんあります。そのため、FPの資格をもった人は、さまざまな場所にいるのです。


個人でFP事務所を経営されている人もいれば、銀行、証券会社、保険会社、税理士事務所、不動産会社などに勤め、困ったお客にアドバイスをしている人もいます。


そのため、生活全般のアドバイスをもらいたいときはFP事務所、入っている保険について相談したいならFPに会える保険の相談会社など、内容によって使い分けるといいでしょう。


FPによって得意分野がある

お金の専門家であるFPですが、あまりに範囲が広いため、人によって得意分野が違ってきます。逆にいうと、よほどの才能に恵まれない限り、保険、不動産、投資、相続など、すべての分野が得意ですという人はいません。


そのため、希少な天才を捜すよりも、相談するならその分野を得意としてるFPにお願いしたほうがいいでしょう。いかがでしたか。このようにFPはさまざまな分野で活躍するからこそ、実態を理解されにくいのです。


しかし、新生活をおくるなら、一度FPに相談し適切なアドバイスをもらったほうが、今後の見通しが立てやすいです。闇雲にFPに頼ろうとするのではなく、まずはFPはどのようなことをしてくれる人なのかきちんと理解してから相談するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ